アレキサンダー起動編:零式3層のじゃんけんについて

シェアする

アレキサンダー起動編:零式3層には色々なギミックがありますが、その中の1つにじゃんけんがあります。今回はこのじゃんけんについて説明します。

スポンサーリンク
Googleアドセンス レクタングル大-1(PCサイトに表示される)

じゃんけんの効果

じゃんけんは、アレキサンダー起動編:零式3層のボスが手の形になって分裂して、リキッドハンドとリビングリキッドの2体になったときだけ使ってきます。じゃんけんでは手が青く光り、その際に以下の2つのアクションの内どちらかを使ってきます。

ハンド・オブ・パーティング

リキッドハンドとリビングリキッドの距離が離れていると使ってくる可能性があります。青く光っている間に2体の距離を近づけます。失敗すると、全体範囲攻撃を受けることになります。2体が重なっているくらいの位置にすれば成功するはずです。青く光っている手の形がパーならハンド・オブ・パーティングです。

パーで光ったら近づけるということですね。

ハンド・オブ・プレイヤー

リキッドハンドとリビングリキッドの距離が近いと使ってくる可能性があります。青く光っている間に2体の距離を遠くに離します。失敗すると、全体範囲攻撃を受けることになります。青く光っている手の形がグーならハンド・オブ・プレイヤーです。

グーで光ったら遠ざけるということですね。

タンクだけ覚えてれば平気?

タンクがターゲットを取って誘導するので、じゃんけんについてはタンクだけ知っていれば対応はできます。ただ、近接DPSも知っていたほうが、次のタンクの動きが予測できるのでDPSを上げるために役に立つかもしれません。

スポンサーリンク
Googleアドセンス レクタングル大-1(PCサイトに表示される)
Googleアドセンス レクタングル大-1(PCサイトに表示される)

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です