FF14白魔道士のIDでの立ち回り(初心者編)

シェアする

蒼天のイシュガルドから新規にFF14を始めた方もいると思います。以前に学者の初心者編は下記の記事で書きましたが、白魔道士は書いていませんでした。

FF14学者のIDでの立ち回り(初心者編)
蒼天のイシュガルドから新規にFF14を始めたという方や学者を使い始めたという方もいると思います。学者は操作が忙しく難しいイメージがあるかもし...

白魔道士の動きは同じヒーラーなので似ていることは似ていますが学者とはちょっと違う点があります。FFではやっぱり白魔道士が回復役というイメージが強いので、学者ではなく白魔道士を使いたい人も多いと思います。

今回は、レベル50から60に上げるまでのIDなら通用するレベルの白魔道士の立ち回りを初心者でもわかりやすいように書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
Googleアドセンス レクタングル大-1(PCサイトに表示される)

プロテスとストンラスキンをかけよう

学者の時も説明していましたが、学者と違いプロテスは白魔道士のアクションなのでIDに行くレベルであれば基本的に使えないということはありません。IDに入ったら最初にかけておきましょう。ストンラスキンも覚えているならかけておきましょう。もしレベルが50以下でストンラスキンを覚えていない場合は、タンクだけでもいいのでストンスキンをかけておくといいでしょう。

8人パーティーを組むコンテンツで白魔道士がいた場合、白魔道士がプロテスとストンラスキンをかけてから戦闘を開始することが基本なので忘れずにかけるようにしましょう。

戦闘開始したら

学者の時と同じように、初心者は慣れないうちはパーティメンバーの回復に専念しましょう。立ち位置の基本は、敵の範囲攻撃に巻き込まれず回復が届く位置がいいでしょう。タンクがターゲットを取ったことを確認したら、HPが減っていなくてもタンクにリジェネをかけておくと、攻撃しようとした時に余裕ができます。

リジェネを戦闘開始前やタンクがターゲットを取ったことを確認する前に使ってしまうと、敵がこちら側に来てしまうことがあるので、もし来てしまった場合はタンクの近くに移動するようにしましょう。そうすればタンクは敵のターゲットを取り返しやすくなり、すぐに助けてもらえるので結果的にはこちらの受けるダメージが少なくなり安定しやすくなります。

クルセードスタンス(クルセ)は使いこなせればダメージがあがりますが、初心者が慣れていないうちに使うと焦ってしまいクルセを入れたまま回復してしまう(回復量が通常の半分以下に下がる)ので、白魔道士の扱いに慣れてから使うようにしたほうがいいでしょう、

戦闘終了直後にストンスキンをかけよう

戦闘が終わったら、ストンスキンをタンクにかけると少しダメージを無効化できるので、次の戦闘開始直後の動きに余裕ができるのでおすすめです。リジェネは戦闘終了直後にかけないほうがいいでしょう。タンクの人にもよりますが、リジェネが残ったまま戦闘開始すると、直後にこちら側に敵が来てしまう可能性がかなり上がってしまいます。

初心者の白魔道士のIDでの立ち回りまとめ

コンテンツファインダーなどでIDに入ってからの動きをまとめると、

  • プロテストストンラスキンをかける
  • 戦闘中は回復を中心に動き、パーティーメンバーを殺さない
  • 戦闘終了直後にストンスキンをタンクにかける

白魔道士の必要最低限の動きはこのような感じだと思います。実際はこの動きに加えて攻撃を避けたりギミックを攻略したりする動きは必要です。まずは簡単ですが必要最低限の動きを覚えることで、もっといい立ち回りをする余裕が出てくるので、まずはこの立ち回りを覚えておくといいのではないでしょうか。

慣れてきて、周りを見る余裕が出てきたら立ち回りを変えていくといいと思います。

スポンサーリンク
Googleアドセンス レクタングル大-1(PCサイトに表示される)
Googleアドセンス レクタングル大-1(PCサイトに表示される)

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です